AGA(男性型脱毛症)は常に進行する特徴がある!食い止めるには?

AGA進行

世の中の薄毛に悩んでいる人のほとんどがAGAと呼ばれる進行性の脱毛症です。

 

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、男性に多く見られる脱毛症です。
また、円形脱毛症などとは違い、自然治癒では回復しません。

 

AGAは進行形の脱毛症ですので、放っておけばドンドン進行していく特徴があります。
なので、ハゲたくないと強く思う方は何かしらの対策をしなければなりません。

AGAの原因を追求するべし!

そもそも、なぜ人はハゲるのか?
この事について少し勉強していくべきだと思います。

 

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称です。
思春期移行の成人男性に見られるいわゆる薄毛の状態のことを指します。

 

これには個人差があり、前頭部から後退していくタイプの薄毛、頭頂部から薄くなるタイプがあります。

 

また、AGAでは後頭部や側頭部が薄くなることは少なく、
一般的には「M字ハゲ」とか「てっぺんハゲ」がAGAに当たります。

 

国内だけでもAGAが発症している人は1300万人にものぼると言われており、その中で何かしらの対策を行っている人は700万人いると言われています。

 

そして、何かしらの対策をしているにも関わらず症状が改善されない方が多くいるのも特徴の一つと言えます。

AGA年表

上のグラフを見てもわかるようにAGAは年々進行するデータがあります。

 

知識のない方は食生活を変えて頭皮をマッサージしていれば
いつか薄毛が治るという希望を抱いている人もいますが、それは間違った認識です。

 

現実を受け止めて早めの対策をしないと、
その内ハゲ散らかってしまうので注意しましょう。

 

また、M字ハゲとてっぺんハゲでも進行具合が違います。

AGA進行具合

 

AGA(男性型脱毛症)がはじまる原因は、
ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが大きく関わっています。

 

このジヒドロテストステロンはテストステロンという
男性ホルモンと5αリダクターゼにより生成されます。

 

ジヒドロテストステロンが頭皮下で増殖すると、
ヘアサイクルで一番大切な成長期を著しく短くする性質があります。

 

ヘアサイクルが乱れ、成長期が極端に短くなると毛髪が
十分に成長しないまま抜け落ちていくので時間とともに薄毛が目立ってきます。

 

正常の人のヘアサイクルは成長期だと2年〜6年程度ですが、
AGAの人は数ヶ月〜1年程度となると言われています。

 

6年は抜けない髪が数ヶ月で抜け落ちてたらそりゃ禿げますよね。(泣)

ジヒドロテストステロン

 

ただ、AGAは進行性で常に前進する特徴がありますが、
産毛の部分はかろうじて残っています。

 

毛包があるかぎり正しいケアをしてやればまた髪の毛は再生できます。
諦めずに効果のある育毛剤を継続して使っていきましょう。

 

次のページは、

チャップアップは危険なのか?


併用が肝心!チャップアップ+Deeper3Dでハゲとさよならしよう!

チャップアップ公式1

薄毛は気になった瞬間から対策しないと手遅れになる可能性があります。
理想は予防から始めることですがなかなかそうもいきません。

だって自分がハゲるなんてハゲる前には考えてもいないのだから。。。。
なので、抜け毛が増えてきたと感じたらすぐに
効果の期待できる育毛剤を取り入れて育毛していきましょう。

そのためのツールとしてチャップアップはおすすめできる育毛剤です。

チャップアップ公式



Deeper3D公式
キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果が認められている最注目の育毛成分です。
発毛力と抜け毛抑止力を兼ね備えたこれからの育毛剤としてDeeper3Dはおすすめです。

私はチャップアップで抜け毛が少なくなったところにDeeper3Dを併用することで
飛躍的に毛髪の再生に成功しました。

すべての人に同じ効果があるとは言えませんが、
効くと言われている効かない育毛剤を無駄に使うよりはよっぽど現実的だと思います。

試してみてくださいね^^

Deeper3D購入